自分でホームセキュリティ

自宅の防犯対策についてのハウトゥーを掲載していきます

rainbow

ちょっとした事に気付けば防犯は変わる

防犯に大切な物はたくさんありますが、それらは何も防犯グッズのような、
物理的なお金がかかる物だけではありません。
まずはお金がかからない方法から挙げております通り、
お金をかけずして犯罪に巻き込まれにくい状況を作る事が大切です。

中でも初歩的かつ見落としがちなのがちょっとした防犯意識の有無です。
意識と言えば心の持ちようであるように、コストがかかる部分とは言えず、
本当の意味でお金をかけない最初の防犯は、意識の向上からと言えますね。

さて、具体的に防犯意識と言えど、どういう心構えが必要なのかお分かりですか?
まず思ってもらいたい事としてはどんな事も『いつも通り』に安全と断定しない事です。

極端にそれを実行してしまえば安全な場所なんてどこにも無くなるし、
意識して欲しいと言えど、家族といった身内の前でまで構える必要はありません。
ようは知らない人に着いていってはいけませんといったレベルでの問題です。

それが活きる場面と言えばまずは訪問者が訪れた時ですね。
知っている方やご近所ならともかくとして、例えば宅配業者などが訪れたとします。
玄関にインターホンや監視カメラが無い場合、いきなりドアを開ければどうなるでしょう?

これが普通の宅配業者の方なら問題ありませんし、その可能性の方が高いとも言えます。
しかし、何のホームセキュリティも無い状態で開けてしまえば、業者を偽った押し入り強盗などだと、
無防備に他なりませんね。

まず物理的な対策としては、多くのドアに備えられていても忘れがちな、
チェーンをかけておく事でしょう。
これをセットしておく事によりドアが完全に開放される事は無くなり、
家への急な侵入は防ぐ事が可能です。
もはやここまで来るとホームセキュリティと呼べるかどうか悩みますが、
自分で出来る防犯対策として、そしてホームセキュリティの面で見て、
このチェーンの意味は大きな物があります。

チェーンをかけるという事は、少なくともそうした急な侵入を防ぐ事を意識している事になります。
そしてそれが自然な動作として現れていたとしたら、
あなたはどう思いますか?
それこそまさに最初に話した防犯意識が有ると言う事であり、
常に万が一に備える事ができる心構えと言えないでしょうか。

このように、ちょっとした行動には防犯意識が現れるものです。
ちょっとした事とは言えそれが防犯の明暗を分ける事もあるし、
それが自分を救う事も考えられます。
まずは意識から改革していく事が自分で出来る防犯の第一歩です。

Comments are closed.